パニック障害

【家族向け】パニック障害の人が辛いこと【理解して】

スポンサーリンク

こんにちは!頑固ちゃんです。

頑固ちゃん
パニック障害の皆さん、周りに理解されなくて辛い思いをしたことはありませんか?

私は発症してから2年半、何度も悔しい思いをしました。

特に恋人に理解されなかったことが本当に辛かったです。

ただ「理解してほしい」と口にするだけでは、理解されるのは難しいでしょう。

きっと当事者にしかこの辛さはわかりません。

今回は、周りに理解してほしいと願うパニック障害当事者の方のために、記事を書くことにしました。

この記事を周りの人に読んでもらえば、多少なりともパニック障害について理解してくださるのではないかと思います。

それではスタート!

乗り物が辛い

車や電車、飛行機はもってのほか。

乗るのがとにかく怖い。もし移動中に発作が起きてしまったらと思うと・・・

もちろん、パニック障害が良くなっていけば、乗り物にも乗れるようになりますが、症状がひどい時は乗れません。

最初は短い距離からリハビリしていく必要があります。

飛行機は難しいですが、車や電車なら小まめに休憩ができるのでそちらから挑戦していく人が多いです。

遠出が辛い

乗り物が辛いことにも関連していますが、遠出をするのが怖いです。

私の場合、症状がひどい時は家から少しでも離れるのが怖かったので、散歩も家の周りしかできませんでした。

家の近所に出かけるのも、パニック障害の人にとっては冒険です。

人によって行ける距離はさまざまですが、基本的に県外へ出るような遠出は難しいでしょう。

運転が辛い

運転中にパニック発作を起こしたことがある方も多いと思います。

現に私の初めての発作は、運転中に起きました。

同乗しているだけならまだしも、自分の運転中に発作が起きたら事故につながりかねません。

命の危険があると思うと、それがまたプレッシャーとなって運転が怖くなります。

発症から2年半、悪化してから1年ですが、現在も私は運転ができません。

運転が出来なくて1番辛いのは本人ですので、周りの方は買い物など困った時に手を差し伸べてくださると嬉しいです。

人混みが辛い

私はもともと、イオンモールやライブ会場など人の多いところが好きでした。

ですが、パニック障害を機にそこへ行くことができなくなりました。

悪化した当初は、近所のスーパーも入れなくなりました。

人の多いところへ行くと、息苦しくなったり、冷や汗が出たり、めまいがしたり、発作につながったりします。

これも症状が落ち着いてくることでことで行けるようにはなって来ますが、無茶な挑戦はできません。

自分の意思で逃げられない空間が辛い

例えば、歯医者や美容院、病院など自分の身を拘束される場面がとても辛いです。

歯医者の診察中に発作が起きてしまったら・・・

美容院のカラーリング中に発作が起きてしまったら・・・

そういうことを考えると、そのような場面を避けざるを得ません。

私は歯科矯正をしているので早く歯医者に行けるようになりたいのですが、まだまだ行けそうにありません。

美容院も2ヶ月に1回は行っていたのに、今はもうセルフでカラーリングしています。

行動範囲が狭まってしまうのはとても悲しいことです。

まとめ:何よりも理解されないことが辛い

正直、苦手な場面をあげたらきりがありません。

個人差もかなりあることなので、上記以外にもたくさんあると思います。

ですが、強く言えるのは周りに理解されないことが1番辛いです。

パニック障害は怠けでも何でもなく、立派な病気です。

はたから見れば、健康そうに見えるかもしれませんが、本人はとても苦しんでいます。

何をしたらいいか分からなければ「こういう時、どうしたらいい?」と一言聞いてくれるだけでも心が救われます。

パニック障害当事者の方が少しでも周りに理解されることを願っています。

ぜひ、ご自身の周りの方にこの記事を読んでもらってください!

スポンサーリンク

  • この記事を書いた人

頑固ちゃん

アラサー独身!持ち前の頑固さが祟って、2019年春にパニック障害発症。西洋の薬嫌いで東洋医学に偏っていたら悪化し、家から出られなくなりました。そんな私から一言「みんなそれいけ!セイシンカ」推しはレクサプロ。今は寛解に近い状態。あなたもきっと良くなる!私の体験を記事にしています。HSP中度。

-パニック障害

© 2021 それいけ!セイシンカ