健康全般

原因不明の体調不良は副腎疲労かも?効いた漢方はコレ!

スポンサーリンク

こんにちは!頑固ちゃんです。

頑固ちゃん
皆さんは原因不明の体調不良になったことがありますか?

特にこのジメジメとした梅雨時期に、なんとなく体が重い・怠い、やる気が出ない、布団から起き上がれないなど、さまざまな不定愁訴を訴える方が多いです。

私も去年、まさにその症状に悩まされていました。

パニック障害も患っていましたが、明らかにそれとは違う謎の体調不良。

それ、実は「副腎疲労」と呼ばれるものかもしれません。

私の症状と効果のあった漢方についてお話していきたいと思います!

それ、副腎疲労かも?私の症状

私は2020年の2月に持病のパニック障害が悪化し家から出られなくなりました。

ほとんど自室のベッドで過ごさざるを得ませんでした。

そんな私もお薬の力を借りて、5月頃ようやく家の外に出られるようになり、体調も上向いてきたのですが・・・

6月に入り、梅雨になったあたりから体調に異変が現れ始めました。

  • 体が重い、怠い
  • 朝が起きられない(午前中体調が悪い)
  • 食事をした後、必ず辛くなってしばらくベッドで寝込む

こんな症状が突然現れて、とても辛かったです。

副腎疲労症候群の一般的な症状

私の症状以外にも、さまざまな症状があります。

代表的なものをあげると、

  • 不眠症
  • 月経前症候群の悪化
  • 花粉症などのアレルギー症状の悪化、耳の痒み
  • 皮膚の炎症、脱毛
  • 光に対する過敏症
  • 性的関心の減退
  • 疲労感
  • 精神不安定
  • 食欲不振、吐き気、嘔吐、下痢、腹痛
  • 機能性低血糖症
  • 塩分、砂糖、カフェイン、スパイスを欲する
  • 頻拍、動悸、過呼吸(パニック発作)
  • 起立性低血圧
  • 顔面蒼白、悪寒、冷や汗
  • うつ、適応障害

このようなものがあります。

私のようにパニック障害を患っている方は、当てはまるものが多いのではないでしょうか。

私が処方された漢方

上記のような症状があり、行きつけの漢方医に相談したところ“霊鹿参”という漢方を処方されました。

救心ホームページより画像参照

こちらを朝夕1錠ずつしばらく服用しました。

そうすると、食事の後に辛くて動けなくなるということがなくなりました。体が重い・怠いという症状も少しずつ改善。

治ってきたなと感じた頃に、服用を朝だけにして現在もキープのために続けています。

まとめ

私はかかりつけの漢方医に相談した上で、こちらの漢方を服用しました。

皆さんも服用する際には、お近くの漢方薬局でご相談された方が良いと思います。

この記事が副腎疲労の解決の糸口となりますように・・・

 

スポンサーリンク

  • この記事を書いた人

頑固ちゃん

アラサー独身!持ち前の頑固さが祟って、2019年春にパニック障害発症。西洋の薬嫌いで東洋医学に偏っていたら悪化し、家から出られなくなりました。そんな私から一言「みんなそれいけ!セイシンカ」推しはレクサプロ。今は寛解に近い状態。あなたもきっと良くなる!私の体験を記事にしています。HSP中度。

-健康全般

© 2021 それいけ!セイシンカ